あつく、ゆるく

人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

出会いは”行動”だ!!『凡人の人生が劇的に変わる出会いの技術』斉藤恵一

f:id:kyon-rog:20210409091742p:plain

「自分のスペックが低すぎて仕事も恋愛もうまくいかない」

そんな悩みにこの本はいかがでしょう。

【スポンサーリンク】

 

 

みなさんこんにちは、kyonです。

 

人見知りで話しベタ。

人と話す時は涙目になる。

 

そんなわたしにとって、人間関係はとても気をつかうものです。

 

ましてや初対面となると…。

いや初対面より、そのあとの関係維持のほうが苦手だったりして。

 

そんなわたしにとって、ピッタリの本を読んだのでご紹介します。

 

人見知り・話しベタ・地味めでも大丈夫!

成功のカギは能力や才能ではない!

仕事や恋愛で最高の出会いを実現する方法とは。

 

その本がコチラ。

斉藤恵一氏著の『凡人の人生が劇的に変わる出会いの技術』です。

 

内容(「BOOK」データベースより)

成功のカギは能力や才能ではなく、「出会い」!人生がうまくいかないと思っている人のための「相手に自分を引き上げてもらう」技術。

(引用―Amazon.co.jp

  

★成功のカギは能力や才能ではなく、「出会い」!

人生がうまくいかないと思っている人のための 「相手に自分を引き上げてもらう」技術★

 

☆元・歌舞伎町No.1ホスト&「ナカイの窓」ココロジストが教える

人生が劇的に変わる魔法の心理学

●人見知り・話しベタ・地味めなあなたが 仕事や恋愛で最高の出会いを実現する!

(引用―同上)

 

著者の斉藤恵一氏は、元・歌舞伎町No1.ホスト。

 

心理学と出会い、学んだことを実践することで、売上ナンバー1を達成した経験をお持ちです。

しかも、約6年間!

 

その経験を生かして、出会いや人間関係を円滑にする”技術”をまとめたのがこの本です。

 

どうしたら初対面の人に好印象をもってもらえるか、

「また会いたい」と思ってもらえる人になることができるか

といった初対面の”出会いの心得・技術”から、

 

ワンランク上の仕事相手に出会う

&

ワンランク上の恋愛相手に引き上げてもらう方法、

そして、自己肯定感を高めて”さらに上”の人生を手に入れる方法まで。

 

わかりやすくスッと納得できる本です。

読んだらなにか行動したくなります。

 

とくに印象に残ったことを、下にまとめました。

【スポンサーリンク】

 

 

まず見た目、言葉を変える

○外見を変えれば、内面も変わる

・外見は内面の一部。

・服装や髪型・メガネ・持ち物などの外見はすぐに変えることができる。

・しぐさや表情も、意識すればコントロールすることができる。

未来を変えたいなら、まず外見を変えることが手っ取り早い。

 

○外見は、相手のためにある

・人は55%の情報を見た目から得る。

・あなたの服装を長時間見ることになるのは、あなたではなく相手。

・相手に不快感を与えない&信頼感や安心感を抱いてもらう。

 

相手にとって「特別な存在」になる

○人脈は信用の証

・成功している人のまわりには、多くの人がいる。

・まずは自分が先に与えることで、信頼関係を強化する。

・「加点法」で考えれば、個性や魅力・優れたことはある→誰でもギブできるものは見つかる

・役割を与えることも、ギブのひとつ。「○○教えて」etc.

 

助けた人が好きになる

・「あの人をなぜ助けたのか」→「その人のことが好きだからだ」と心が行動を正当化する。

・役割を与えると、相手に感謝されるし、自分もハッピー。

・自分と相手を信じて、甘えてみる。

 

○自己肯定感を高める

・素直になる

・できない自分を許す

・イラっとした人には自分が投影されている。

感情が行動の源。もっと感情的でいい。

 

人に出会い、モテる環境を手に入れる

○出会いは行動だ!

・会いたい人がいるなら、まず会いに行け。

・バカになって行動したもの勝ち。

・つながりたいなら、波長を合わせるしかない。

・人と出会うことで、自分のキャパは広がる。

・モテる人になる「3ステップコミュニケーション」とは。

・理想の自分を演じ続ければ、やがて実現する。

・新しい行動は21日間続けて、習慣化する。

環境が人を創る。ならば環境を整えよう。

【スポンサーリンク】

 

 

読んでみて

まず、非常に読みやすい

スッと入ってくるんですよね。

 

学んだことと実践したことが元になっている、というのが説得力を高めますね。

出会いも”アウトプット”、つまり行動が大切だということがわかります。

 

「あなただからできたんでしょ」という反発がない。

それは上で述べたように、文章がスッと入ってくるのもあるのでしょう。

アウトプットの例で出された、「パンツ1枚でタバコを買いに行く」著者の体験談はマネできる気がしませんが笑。

 

そう、アウトプットが大事。

わたしは人見知りながら、自宅で英語の塾を開いています。

さっそく本書に載っている「一緒にいて気持ちのいい人になるための会話のテクニック」を使っています。

 

不思議なことに、相手に対して「受け入れているよ」という姿勢で会話をしていると、自分の心が軽くなるのが分かりました。

 

これも本書の効果。 

アウトプットがしたくなるんですよ。

 

 行動することで、これまで出会うことがなかったような人たちと出会うことになるでしょう。

 行動によってインプットが変わり、インプットしたことをアウトプット、その流れを繰り返していくことで、いつの間にか違う景色が見える場所に自分がいることに気づくはずです。

 

すごい人と出会う

その人に引き上げてもらう

という「他力本望」な考えだけで人と出会うわけではありません。

 

その人になにかギブして、自分も相手もハッピーになる。

そのために自己肯定感を高めておき、来るチャンスに備えておく。

 

そんな「自分も相手も巻き込んでいく」マインドもすごく印象的でした。

 

ほかの自己啓発書やビジネス書とかぶる内容もあります。

しかし、「腑に落ちた&実際にやって効果があった」という実りの多い本でもありました。

【スポンサーリンク】

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「仕事でも恋愛でもワンランク上の人と出会いたい」

「自分を高めたい」

「漠然とだけど人生を変えたい」

そう思っている人にとてもおすすめの本でしたー。

 

今回ご紹介した本はコチラ。

 

ランキングに参加しています。

クリックしていただけると喜びます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】