あつく、ゆるく

人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

ビートルズの『Hey Jude』をギター1本で弾く。【ソロ・ギターのしらべ】

f:id:kyon-rog:20200424203748j:plain

ギターの演奏動画、第2弾!

The Beatlesの名曲『Hey Jude』を弾きました。

とても楽しかったです。

 

みなさんこんにちは、kyonです。

すこし前に、はじめてギターの演奏動画をYouTubeにアップしました。

 

www.atsu-yuru.net

 

さっそくコメントもいただきまして、めちゃくちゃうれしかったです。

 

人様に聴いてもらうのは楽しい。

人の目を意識することで、ギターの腕もあがる。

 

ということで、今後も不定期に演奏動画をアップしていこうと思います。

【スポンサーリンク】

 

 

そして今日も、ギターの演奏動画をあげました。

 

弾いたのはHey Jude

ご存じ、The Beatlesの名曲ですね。

 

原曲は、歌のパートより最後のリフレイン(Na-na-na~)の方が長い、という異例の構成。

これをソロギターで弾くと…

ということで動画をみてください。

 

www.youtube.com

低音の処理が雑

抑揚が弱い

1か所コードを間違えた

という反省点はありますが、なんとかアップできる演奏がとれたと自負しています。

 

アレンジは南澤大介氏。

『ソロ・ギターのしらべ』に載っている編曲です。

 

難易度は、一番やさしいA。

ということで、全体的に弾きやすいです。

 

ただ、気をつけるべき場所が何か所かあります。

 

たとえば、はじめのフレーズ。

低音が”汚く”なりがちなんですよ。

 

Cコードのフォームがつぶれて、左手の人差し指が隣となりの弦にあたってしまうんです。

それで、輪郭がはっきりしない音になってしまうんですよね。

なので、指を立てることを特に意識しました。

それでも、動画の方はきれいに鳴っていませんね…(^^;。

 

頑張ったんですが…。

 

低音にもフレーズがちゃんとあるので、それをもっときれいに、途切れないように弾きたいですね。

練習あるのみです。

 

そして、その最初のフレーズを繰り返すので、単調にならないように音量差をつけて演奏したつもりなのですが…

伝わるでしょうか(^^;。

 

抑揚をつけるってほんとに難しい。

自分ではつけている”つもり”なんですが、客観的に録音(録画)を聴いてみると、イマイチ伝わらないんですよね。

もうすこしボリューム差をつけられるといいですね。

 

最後のリフレインパート。

本だと「5・6弦は、親指のストローク」ということになっています。

しかし、ぼくは親指と人差し指で”つま弾き”で弾きました。

そっちの方が弾きやすかったので。

 

これは小指のプリングを使うので、小指を鍛えていないときれいな音が鳴りません。

ぼくの演奏も、ちょっとあやしいです笑。

窮屈なフォームからのプリング、というのも難しくさせている要因。

こればっかりは、フィンガリングを鍛えるしかないかな。

【スポンサーリンク】

 

 

と、いろいろ述べましたが、

のびやかなメロディで、弾いていてとても気持ちがいい曲です。

原曲のすばらしさはもちろんですが、南澤さんのアレンジもお見事!

 

この調子で今後も演奏動画をアップするぞ!

 

ランキングに参加しました。

クリックしていただけると喜びます。

にほんブログ村 音楽ブログ ソロギターへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】