あつく、ゆるく

人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

そりゃ売れるわ『世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書(改訂版)』

f:id:kyon-rog:20190902202940j:plain


とあるカメラの本を読みました。

わかりやすく、DVDもついてる。

そりゃシリーズ累計20万部突破するわけだわ。

 

みなさんこんにちは、kyonです。

カメラをはじめたはいいものの、おんなじような写真ばかりでちっとも上達しない…

といういわけで、評判のいいカメラの入門的な本を買ってみました。

 

それがコチラ!

【スポンサーリンク】

 

この本のいいところは、とにかくわかりやすいということ。 

著者の人柄が伝わってきそうな、やわらかい文章で読みやすいです。

 

「わかりやすい」ということでもう1つ。

カメラの設定の話が、第1章では出てきません(!)。

 

まずは「何をどう撮るか」をマスターします。

 

写真の主役である主題の決め方。

主役をひきたてるわき役(副題)の切りとり方。

そこからスタート。

機材の話で置いてけぼりになることはありません。

 

どう見せたいか、

どう撮るか、

そのためにどうすればいいのか、

 

つまり

 

「何をどう撮るか」

 

を意識するということ。

それがこの本が徹底的に伝えていることです。 

 

たとえば、1個のりんごがあったとして…

 

f:id:kyon-rog:20190902152215p:plain

 

これをどう撮りたいか。

 

りんごをエコっぽく撮る。

りんごを派手に撮る。

りんごを希望的に撮る。

りんごを絵画風に撮る。

りんごをやさしく撮る。

 

そう意識すると…

 

f:id:kyon-rog:20190902152503j:plain

こんな写真ができあがる。

 

ほかにも

f:id:kyon-rog:20190902152714j:plain

f:id:kyon-rog:20190902152747j:plain

こんなイメージを表現されてます。

 

驚きました。

イメージどおりだ!

 

どう撮るかでこんなにも写真のイメージが変わるなんて。

これが自分でもできるようになるなんて、ワクワクしませんか?

 

これが、この本の9ページ~11ページ。

この時点で驚いたorワクワクした方は、この本を買う価値があります。

そう、ぼくのように笑。

 

何をどう撮るか」の意識が、この本のテーマだといいました。

 

そういえば写真を撮るときに、「〇〇が撮りたい」と「何を撮りたいか」しか考えてないことに気がつきました。

「どう撮るか」を意識すれば、写真がもっとうまく楽しくなりますね。

この意識が知れた(というか再実感した)だけでこの本を買ってよかったです。

 

意外にも、 カメラの設定が出てくるのは第2章以降。

 

被写体に強くなるカメラの設定

光の読み方をマスターする

秘伝!3つの武器を使いこなす

どう撮るか!必殺ワザ25

 

と気になる章がつづきます。

 

本だけでも満足なのに、この本はなんと!

DVDがついてくるのです!

しかも120分。

 

ありがとう、中井先生。

ありがとうインプレス(発行会社)。

 

もっとわかりやすく、体感的に理解できるようになります。

こりゃぁシリーズ20万部突破するわけだ。

一眼レフのはじめての本に強くおすすめしたい、そんな本でしたー。

 

以前買った入門本も良かったな。

今回の本と一緒にオススメです。

 

【スポンサーリンク】

 

www.atsu-yuru.net