あつく、ゆるく

人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

2020年をどんな年にしたい?~〇〇を決める~

f:id:kyon-rog:20200101212510j:plain

新たな年の幕開け。

目標を決めるより、〇〇を決めるといい年になる!

 

みなさんこんにちは、kyonです。

いよいよ2020年になりました!

 

みなさんはどんな年にしていきたいですか?

目標は決めましたか?

 

ぼくも何個か目標を決めました。

目標というか、やりたいこと。

 

でも、この目標が”クセもの”。

 

考えてるときはテンションが上がっています。

しかし、ふだんは忘れてて、あっという間に時間が過ぎていく…

気づけばまた年末…ということにもなりかねません(^^;。

 

 「なにかいい方法ないかなぁ」と思ってたら、読んでた本に面白い目標設定の仕方がのっていたので、ご紹介します。

 

それは

1年のテーマを漢字一字で表現する

というもの。

 

これは、浅川智仁氏著の『お金と心を動かす手帳術』という本にのっていたものです。

毎年12月に、京都の清水寺で「今年の漢字一字」を書くイベントがありますよね。

そこから着想を得たみたいです。

 

1年をどう生きるかを漢字一字で表現するのなら、考えるほうも面白いだろうし、いいテーマが浮かぶのではないかと思ったのです。

 

今年は挑む年だから「挑」とか、今年は種を蒔く年だから「蒔」という感じです。

 

漢字一字というのが、ポイント。 

漢字は1文字にとても深い意味が込められています。

見ただけでどんな意味かわかります

そして、覚えやすい(これ大事笑)!

 

今年生きていくのに、この漢字が指針になっていくれるのです。

なにかに迷ったらこの漢字が導いてくれます。

 

コピーライター小嶋優來さんは、この漢字一字のテーマを決めることを

「1年に名前をつける」

と表現しました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ということで、ぼくも今年の漢字を決めました。

 

その漢字は…

 

 

 

「挑」

 

です。

「本に出てきた漢字をそのまま使うのかよ!」て感じですが…(^^;。

 ちゃんと理由があるのです。

 

コミュ障でアガリ症なぼく。

チャンスがきても、なにかと理由をつけてその場から逃げてしいます。

完全に”逃げグセ”がついてしまっています。

 

たとえばギターレッスンにて。

 

先生が主宰されているマンスリーライブに、教え子たち数人がソロでステージで弾く場を設けてくださいました。

ぼくも声をかけていただきました。

 

でもぼくは、頭の中が不安でいっぱいになり、断ってしまいました。

「用事があるので出られません」と。

 

いや、用事があるのは事実なんです。

自宅で英語の塾を開いてて、ライブの日の時間帯はちょうど授業があります。

 

でも!

授業を振り返ようと思えば、振り返られました。

 

だけどできなかった…。

 

ライブハウスに1人でいく勇気がない

緊張して”とんだ”らどうしよう

ライブ後の知り合いのいない鍋パがこわい

などなど。

コミュ障とアガリ症の不安がいっぱい出てきたのです。

 

やってもないのに、悪いことを想定してしり込みする…。

そして経験も積まず時間丈が過ぎていく。

 

そんな自分を変えたい!

なにかに迷うと挑戦する道を選びたい!

ということで今年の自分の漢字を「」にしたのです。

 

この漢字が、今年のぼくのテーマであり指針になってくれます。

迷ったら挑戦する方へ。

悩む時間も大幅に減りますね。

 

漢字一字なので、いつでも意識することができます。

自分に刻まれたのが実感できます。

 

さぁ2020年は始まったばかり。

どんなことに挑戦していきましょうか。

いまからワクワクしてます。

 

みなさんも「今年1年のテーマを漢字一字で表現する」、やってみてはいかがでしょうか。

【スポンサーリンク】