あつく、ゆるく

人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

「ハシビロコウ」を見に神戸どうぶつ王国へ!

f:id:kyon-rog:20191128213622j:plain

「動かない鳥」として有名なハシビロコウ
実際に目の当たりにすると、意外と動くことに驚き。 

みなさんこんにちは、kyonです。

ず~と見てみたかったハシビロコウに会いに行ってきました!

 

 

ハシビロコウ

f:id:kyon-rog:20191128195017j:plain

アフリカの草原・湿地に生息していて、その大きなクチバシが特徴。

動かない鳥」として一躍人気者に。

 

頭までの高さは1メートルをこえるので、鳥としてはかなり大きい。

ただ、鳥類だからか体重は5kg前後と、見た目に反して軽い。

 

なぜ動かないのかというと、エサを狙っているからなんだそう。

ハシビロコウの生息地では、「肺魚」と呼ばれる魚が多いのです。

その名のとおり肺でも呼吸できるので、水面まで上がってくるのは数時間に一度。

このチャンスを逃さないために、魚に警戒心を抱かせないよう動かないことが身に付いたんだとか。

 

「動かない鳥」として有名ですが…

f:id:kyon-rog:20191128192408j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128192747j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128193033j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128190955j:plain

意外と、表情豊かなんです。 

そんなキュートな表情もみたくて、「ハシビロコウを見る」を人生の「やりたいことリスト」に入れていました。

www.atsu-yuru.net

 

そうなると、どこでハシビロコウに会えるのか場所探しです。

ぼくが住んでいる岡山県だと、神戸どうぶつ王国が一番近そう。

ということで、神戸どうぶつ王国へ行ってきました!

【スポンサーリンク】

 

 

神戸どうぶつ王国とは

兵庫県神戸市中央区ポートアイランド内にある動植物園です。 

巨大な屋内施設で(一部屋外展示もありますが)、全天候型。

雨の日でも安心。

また、イベントやふれあえる動物が多く、動物が好きならオススメの場所!

 

f:id:kyon-rog:20191117192954j:plain

ということで、やってきました。

 

入り口付近は「ロッキーバレー」。

2018年3月にオープンした新エリアで、北アメリカの動物たちを見ることができます。

 

f:id:kyon-rog:20191117194001j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191117194019j:plain

オオカミ!

でかい!!

迫力があります。

 

www.youtube.com

 

f:id:kyon-rog:20191117194526j:plain

ハクトウワシはイケメンでした。

思ったより、すごく大きかった。

人間の子どもより大きいんじゃない(それは言いすぎか)?

 

f:id:kyon-rog:20191117194649j:plain

カメラ目線もいただきました笑。

 

続きまして、「アジアの森」へ。

f:id:kyon-rog:20191117194838j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191117195317j:plain

入ってびっくり。

いきなり、大きな何かが寝ている!?

 

f:id:kyon-rog:20191117195431j:plain

お顔はこんなに可愛らしい。

コアラみたい。

 

でも、大っきい!

体長は、1メートルくらいでしょうか。

半分くらいはしっぽ。

 

「ビントロング」というんだそうです。

こんな生き物が野生で生きていると思うと、不思議な感じ。

 

f:id:kyon-rog:20191117195752j:plain

レッサーパンダは寝てました。

寝顔がちょうど見れない角度…残念。

 

と「アジアの森」を抜けると、こんな看板が!

f:id:kyon-rog:20191117200938j:plain

「アフリカの湿地」。

 

ハシビロコウがいる!

絶対にこのエリアだ!

 

ハシビロコウを見る」という夢が、ここで達成されてしまうのか…。

(゚A゚;)ゴクリ

意を決して中へ。

【スポンサーリンク】

 

 

f:id:kyon-rog:20191117202518j:plain

うおー!水辺がある!

ここはアフリカか…!?

自然環境の再現度がすばらしい。

 

f:id:kyon-rog:20191117204028j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191117204045j:plain

多くの鳥が放し飼い(全部か?)。

ハシビロコウに劣らず、怪鳥と呼べそうな造形の鳥がたくさん。

 

と、池のまわりをまわっていると

「キヤァ!キヤァ!」て悲鳴のような叫び声が。

 

f:id:kyon-rog:20191117210200j:plain

ワオキツネザルが、通路を縦横無尽に駆けまわっているではありませんか!

この子たちも放し飼いだったのか。

 

f:id:kyon-rog:20191117210703j:plain

「近い」というか、同じとこにいますから笑。

蹴らないように注意して歩きました(^^;。

 

ワオキツネザルの群れをこえると、とあるシルエットが…。

これはもしや…。

f:id:kyon-rog:20191117213001j:plain

い、いたー!

ハシビロコウだー!

でかいくちばし!

 

あこがれ(?)の存在が、今、目の前に。

「はたして本物なのだろうか」という意味不明な感想が出てきました笑。

 

ハシビロコウは、「動かない」ことで有名ですが…

 

f:id:kyon-rog:20191117213139j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191117213248j:plain

羽繕いをずっとしてました笑。

か、かわいい。

 

写真と動画を撮るわ、目に焼き付けるわで忙しい対面笑。

想像以上大きいし、羽毛がふさふさしてるしで、むいぐるみみたいでした笑。

 

生で見れて感激です。


神戸どうぶつ王国の良かったポイント

動物との距離が近い

入ってびっくりしました。

動物との距離が近いんです。

多くの動物が放し飼い(もちろん全部じゃないですよ)。

ワオキツネザルやらカピバラが、通路にふつうにいますからね。

こっちが気をつかうほど笑。

 

後述しますが、園内に自然が再現してあります。

堀があって、川のように水が流れているところも。

 

この堀のおかげで、ガラスや柵・オリがないのです。

視界を邪魔するものがないので、動物が近いクリアに見えることができます。

「同じ空間にいるんだなぁ。」というのが、よりリアルに感じられました。

 

f:id:kyon-rog:20191127220501j:plain

「さわらないで下さい」と注意書きが必要なくらい近い。

 

f:id:kyon-rog:20191127221002j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191127220658j:plain

エサを買って、あげることができます。

 

f:id:kyon-rog:20191127220731j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191127220755j:plain

ふつうに足下にいたりするので、蹴らないように注意しながら歩く必要があります(^^;。

 

ショー・イベントが多い

動物が主役のパフォーマンスショーが多いのが魅力。

平日でも、30分単位でショーやおやつタイム、散歩タイムなど、何かしらイベントをしています。

 

ふれあいが多い

ふれあいやエサをあげることができるのは、常時開催のだけでも

カピバラ

アルパカ

ゾウガメ

水鳥

オオハシ

などにエサをあげることができます。

 

f:id:kyon-rog:20191127221123j:plain

こんな感じ。

 

f:id:kyon-rog:20191128204613j:plain

エサを催促するアルパカ。

エサをもっている人がいたら、ずっとこのポーズで待っていましたわ笑。
 

そして、なんと!

f:id:kyon-rog:20191127221254j:plain

カンガルーともふれあうことができますからね。

(↑の写真は公式HPhttps://www.kobe-oukoku.com/area/detail/430/からの引用) 

 

あとは時間限定で

ウサギ

モルモット

などなど。

アルマジロに触ったりと、貴重な体験ができます。

 

動物好きなら、満足すること間違いなし!

 

自然の再現度が高い

”動植物園”ということで、草花が豊富。

園内の至るところに植物が植えてあります。

f:id:kyon-rog:20191127215739j:plain

屋内にいることを忘れそうです。

 

f:id:kyon-rog:20191127215805j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191127215818j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191127215835j:plain

ここはジャングルか。

屋内にいるとは思えないような写真も撮れて、楽しい。

 

まだまだ見たいエリアはたくさんあったのですが、時間がなくて泣く泣く王国をあとにしました。

【スポンサーリンク】

 

 

感想

はじめての神戸どうぶつ王国

ハシビロコウにも会えたし、珍しい動物を見れたし大満足でした。

 

広いし、動物の種類が多く、見れなかった動物もたくさん。

カンガルーとふれあえなかったのが心残り。

次はもっと時間のあるときに!

再訪を決意するのでしたー。

 

f:id:kyon-rog:20191128212204j:plain

ハシビロコウのグッズを買って帰りましたとさ。

 

おまけ

本文で紹介しきれなかった写真たち。

f:id:kyon-rog:20191128210036j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128210457j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128210525j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128210543j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128210629j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128210104j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128210239j:plain

 

f:id:kyon-rog:20191128210138j:plain

 

神戸どうぶつ王国の基本情報

住所:〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1−9

TEL:078-302-8899

営業時間:

【平 日】10:00~17:00(入国締切 16:30)

【土日祝】10:00~17:30(入国締切 17:00)

冬期(12月~2月)営業時間 :

【平 日】10:00~16:30(入国締切 16:00)

【土日祝】10:00~17:00(入国締切 16:30)

休園日: 毎週木曜日(祝日・春休み・GW・夏休み・年末年始は営業)

駐車場:普通車1000台/ 大型35台

普通車500円/大型バス2,000円(いずれも24時間)

【スポンサーリンク】