あつく、ゆるく

人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

文章は最初の3行がすべて『3行で人を動かす文章術』

f:id:kyon-rog:20191008050329j:plain

Yahoo!ニュースの記事で国内アクセス1位をとったことも!

コラムニスト尾藤克之氏がおくる『3行で人を動かす文章術』。

「刺さる」「伝わる」「心をつかむ」文章の書き方とは。

 

みなさんこんにちは、kyonです。

みなさんは、最初の3行を読んで思わず文章を全部読んでしまった、という経験はありませんか?

はたまた、最初の3行で「読まなくていっか」と判断したり。

 

多くの人に読んでもらうには、イントロ(前振り部分)で”フック”がかかることが必要不可欠。

そうしないと、簡単に読み飛ばされてしまう…。

 

じゃぁどうすればいいの! 

 

ということで、

人をひきこむ文章が書けるようになりたい!

そんな悩みにピッタリの本を読んだので、紹介させてください。

 

それがコチラ。

尾藤克之著の『3行で人を動かす文章術』です。

【スポンサーリンク】

 

 

著者は、コラムニストで明治大学サービス創新研究所研究員。

約10年前からニュースサイトで記事を執筆するようになり、Yahoo!ニュースでアクセスが国内1位になった記事も!

そんな著者が実体験から得た、3行で人を動かす方法が満載です。

 

まずは、基本的な文章の書き方を学んでいきます。

  • 読者を具体的にイメージする
  • 文章を書く際にはアウトプットを意識する
  • 断定して言い切る
  • 読まれるためにポイントをしぼり込む
  • 「複数の視点」をもつ

などなど。

男性向け・女性向けの違いを理解して書き方のアプローチを変えていく、という興味深い手法も。

 

基本的な文章の書き方を押さえたら、いよいよ「3行で心をつかむ技術」です。

  • 読者が読み終えたあとのことまで考える
  • 対句でリズムを作り出す
  • 書き出しはポジティブに
  • 「伝えたいこと」を読者の印象に残すには?

などなど。

すぐ実践できそうなことがたくさん。

 

Webライティングだけではありません。

メール文や謝罪文の書き方など、ビジネスで使える文章の書き方も載っています。

 

 文章の書き方とは違うポイントで気になったこともありました。

それは、記事を書くスピード

 

1000~1500字くらいでしたら、30分程度で書くそうです。

なんと、これには構想からの時間を含んでいます

推敲が15分くらいなので、1本の記事ができあがるまでに30~45分くらい。

このスピードなら、毎日ブログが書けますね笑。

 

文章を書くとき、時間をかければよい文章が書けるというわけではありません。時間をかけすぎると、かえってリズムが失われてしまう場合もあります。ですから勢いやリズムをつけるために、一気に書くことをおすすめします。

う~む。

思い当たるし、耳が痛い…。

 

頭の中で書きたいことをまとめるのが苦手ですし、そもそも「文章を書く」ということに苦手意識があるんですよね。

それで「書くことに億劫になっている」と言いますか。

 

そんな悩みをわかっているのか、「書くことを恐れずに書きはじめよう」と筆者は読者を励ましてくれます。

 

楽しく自由に、わかりやすく書くことが、文章の基本です。言葉を形にして、伝えることに意味があるのです。

 

伝えたい思いを大事に、自分を信じて書く

 

テクニックだけでなく、メンタル面での励ましも。

 

書く勇気がわいてきます。

というか、「もっと気楽に書いていいんだ~。」と気が楽になりました。

【スポンサーリンク】

 

 

まとめ

読んでもらうには、イントロで人をひきこむことが必要。

著者の経験から得た「3行で人を動かす文章術」が満載のこの本、読んでみてはいかがでしょうか。

 

【スポンサーリンク】