あつく、ゆるく

人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

初の挫折!?乗馬ライセンス5級取得コース2日目!

f:id:kyon-rog:20180910124702j:plain

みなさんこんにちは、kyonです。

 

乗馬5級ライセンスの取得コースも、2日目。

ここまで順調に来ていたのに、初の挫折をしました。

次回はいよいよ最終日!

果たして合格できるのでしょうか…。

【スポンサーリンク】

?

 

先週通い出した乗馬ライセンス5級取得コース

 

www.atsu-yuru.net

 

3日間で乗馬の資格が取得できるという、とてもお得なコース。

今回で2日目。

 

ということは、次が最終日!試験日!

なので、とても大事な2日目。

 

 

初日で主にやったのは、歩かせる常歩:なみあし)・止まる曲がる

ここらへんは、すぐにできるようになりました。

(のちに問題が見つかるのですが…) 

 

後半から速歩(はやあし)と軽速歩(けいはやあし)に入りました。

 

速歩とは、小走り程度の軽い走りです。

軽速歩は、その速歩の状態で馬に乗っている人が上下運動をすることです。

 

まずは騎乗レッスン

 

2日目は軽速歩(けいはやあし)を集中的にする予定…でした。

今回は、馬が走らない。 

 

 馬に足で合図を送ることを”脚(きゃく)を入れる”と言います。

脚を入れても、走らない。

 

走りそう、というタイミングでまた歩く。

あるいは止まる。

 

指導員いわく、おしっこしたそうらしいのです。

しそうになって止まる。

でも、出ない。

また歩かすの繰り返し。

 

時間だけがどんどん過ぎていきます。

1日2コマレッスンがあるのですが、最初のコマはこれだけで終わりそう。

 

そうなると、焦ってきます。

「次回が最終日なのに、これで間に合うの?」

 

f:id:kyon-rog:20180910163238p:plain

 

どつぼにはまる。そして気づく

 

ここから、うまく馬と調子を合わせることができなくなってしまいました。

うまくうま……まぁいいか笑。

 

完全にどつぼにはまることに。

暗黒時代に突入です。

 

曲がる指示でも、振り切ってまっすぐ行かれたり。

脚を何回も入れても、スピードを上げない。

 

今回乗った馬は、前回と同じ「プレミアム」。

はじめて乗る馬ではありません。

なんとなく感覚は分かるのですが(3回目の乗馬体験で何が分かるというのか苦笑)。

 

時間は限られているので、焦りはつもる一方。

 

そこで気づいたんですよ。

 

今までの曲がる指示も、指導員さんが横についていたから曲がったんだと。

指導員さんが曲がれば、馬はそっちについて行きます。

 

乗馬体験など初心者が乗る馬は、おとなしい馬が選ばれます。

何回も同じことをするわけです。

 

記憶力はものすごいので、どうすればいいかよく知っています。

「指導員さんの方に行けばいいんだ。」と。

 

でレッスンが進むと、指導員さんが付き添いから離れて別の方向に。

馬からすれば、意識は指導員さんに行っているのに、上(騎手)は違う方向を指示することになります。

 

それが馬を混乱させるのだと。

結局、曲がる指示もちゃんと出せてなかったんだと。

 

完全に挫折。

心が折れかけてます汗。

 

曲がる指示で、馬の顔はそっち向いているのに抵抗(?)してまっすぐ行かれたときは、ちょっと心がくじけます。

そして、思わず言っちゃいました。

 

「ぼく、なめられているんですかね笑。」

 

半分冗談のつもりだったんですが、この1言で指導員さんからは、すかさず返事が返ってきました。

若干マジで。

 

「なめられるっとおっしゃる方は、たしかにたくさんいらっしゃいますね。

 

でも、そんなことはありません。

 

馬は記憶力はいいですが、悪知恵はありません。」と。

半泣きで聞いていました笑。

 

f:id:kyon-rog:20180910200017p:plain

もちろん、指導員さんはめちゃくちゃ優しいですからね笑。

 

「いつもと違うことをして、どっちの指示に従えばいいのか迷っているんでしょう。

『今乗っているのはぼくだ。』とわかってもらいましょう。

しっかり合図を出してあげましょう。」 

 

それで実感。

ぼくの指示の出し方が悪かったんだ。

そりゃ迷うよな。

 

ごめんね、プレミアム。

ぼくがしっかり合図を出してあげないと。

ぼくの存在を知ってもらわないと。

 

馬を迷わせたことに対する、罪悪感。

また泣きそうに笑。

 

f:id:kyon-rog:20180910200017p:plain

 

でも乗馬体験のときに、 ほかの指導員さんからこんなことも言われました。

 

「乗馬体験にこられる方は、動物が好きな方たちばかりです。

ですので、うまく馬が動いてくれないときは自分を責めちゃうんです。

そんなことないですからね。

馬も気分がありますから笑。」と。

 

もちろん、馬の気分があっても、うまい騎手の指示だとちゃんと馬は動いてくれるでしょう。

なのでこの言葉は、半分は初心者に対する社交辞令なのかもしれません。

しかし、この言葉のおかげで自分を責めすぎることはやめました。

心が救われました。

 

なんか世界が変わりました。

「自分がちゃんとしよう」って思いました。

もっとうまくなりたい。

 

たしかに自分の指示の出し方が悪かった。

自分の存在も分かってもらいたい。

 

ということで、1個1個の指示を確実に出していこう

という意識に変わりました。

 

それからです。

速歩ができるようになったのです。

少し、ですけども。

2レッスン目の終わりです汗。

 

やっと走ってくれました。

うれしい。

 

実を言うと、おしっこを出してから走るようになりました。

なんじゃそりゃ笑。

せっかくぼくの意識が変わったのに笑。

 

肝心の軽速歩はまだまだです。

立つ座るを繰り返すと、バランスを崩して馬が止まります。

 

次回の最後に試験があります。

それまでにレッスンは2回。

間に合うのでしょうか。

 

f:id:kyon-rog:20180910202859j:plain

 ※イメージ画像笑

 

テキスト講習へ

 

騎乗レッスンが終われば、テキスト講習です。

今回はなんと、練習問題を解くことに!

 

どんな問題が出るのか。

どういう風に出るのか。

 

ドキドキです。

 

f:id:kyon-rog:20180910195359j:plain

 

…あれっ?

 

めちゃくちゃ簡単やんけ!

 

肩透かしをくらいました笑。

肢の部位の名称を答える問題は、記述式です。

これは覚えなくてはいけません。

 

しかし!

ほかは選択式でした。

馬の性質やら馬体の手入れやら。

 

で、これらの問題。

 

知らなくても解けるーーー!

 

日本語的に解けちゃうんですよ笑。

これなら筆記試験は大丈夫そう。

て、油断させといて本番は難しかったりして笑。 

 

【スポンサーリンク】

?

まとめ

 

意識が変わった日でした。

初日以上に、「もっとうまくなりたい」と強く思いました。

 

次回はいよいよ試験日。

果たして合格できるのでしょうか。

こうご期待笑。

 

「クレイン倉敷」基本情報

アクセス 

住所:岡山県倉敷市広江4-1-2

最寄り駅:JR山陽本線倉敷駅瀬戸大橋線児島駅

 

営業時間

平日10:00~17:00(水曜13:00~20:00)

土日祝9:00~18:00

定休日:火曜日(定休日が祝日にあたる場合は、前日が定休日。)

 

駐車場 

無料

 

コース

3日間で乗馬5級ライセンス取得コース

手ぶらで参加、はじめての乗馬体験

ワンランク上の乗馬体験

50歳からの乗馬入門

小中学生の子供乗馬塾(30分×3回)

(以上公式HPより)

 

【スポンサーリンク】