あつく、ゆるく

人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

【日本三名園】岡山後楽園と岡山城へ行ってきました!

f:id:kyon-rog:20180403164530j:plain

みなさんこんにちは、kyonです。

 

「後楽園」へ行ってきました!

日本三名園の1つです。 

岡山駅からも近く、すぐ横に岡山城もあり、観光には最高の場所でした。

【スポンサーリンク】

?

 

後楽園とは

 

後楽園(こうらくえん)は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園大名庭園)で、日本三名園のひとつである。

江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。

後楽園 - Wikipedia)より

 

江戸時代を代表する大名庭園です。

回遊式庭園で、移動するたびに変わる景色を楽しむことができます。

 

共通券が絶対におすすめ!

 

後楽園の入園料は、大人1人400円。

岡山城は、300円です。

それに対して、後楽園と岡山城の共通券はなんと560円!

共通券を強くおすすめします!

 

券 種   大人15歳~64歳 高校生以下 シニア65歳~
    (中・高校生を除く)    
個人券   400円 - 140円
団体券 団体は、20名様以上になります 320円 - 112円
共通券 後楽園・岡山県立博物館 520円 - -
後楽園・岡山城 560円 - -
後楽園・岡山城林原美術館 960円 - -
・特別展開催期間中と休館日は、発売を中止します。各施設のHP等でご確認ください。      
・共通券の半券を紛失すると、無効になります。      
岡山県立博物館と林原美術館は、小人が入館無料の為、小人用の共通券はありません。      
・シニアの共通券はありません。各施設でお買い求めください。      

入園案内:岡山後楽園より 

 

いよいよ入園!

 

f:id:kyon-rog:20180403163709j:plain

 

庭園に入ると、まずその広大さに圧倒されます!

広くきれいに手入れされた芝生が 、目の前いっぱいに広がります。

池や筑山も見えます。

 

正面、左、右にと通路がのびていて、どこから見て回ろうかとワクワクします。

 

f:id:kyon-rog:20180403160331j:plain

 

正面の道を歩いてくと、すぐに池にあたります。

園内でいちばん大きな池「沢の池」。

 

f:id:kyon-rog:20180403164038j:plain

 

池沿いに船がとめてあります。

 

f:id:kyon-rog:20180403164149j:plain

 

「中の島」。

 

f:id:kyon-rog:20180403191537j:plain

 

橋を渡ることもできます。

渡りきったすぐのところで立ち入り禁止になりますが笑。

 

f:id:kyon-rog:20180403160331j:plain

 

おなじ池には岸を再現しているのでしょうか、美しい「砂利島(じゃりじま)」が。

 

f:id:kyon-rog:20180403191129j:plain

 

藩主の居間である「延養亭(えんようてい)」。

ここから園内外の景観が一望できる、中心的な建物です。

 

f:id:kyon-rog:20180403194036j:plain

 

建物の中央に水路を通した、珍しい造りの「流店(りゅうてん)」。

ほんとに「後楽園は水と一体になった庭園だな。」と実感します。

簡素でも美しい建物ですね。

 

f:id:kyon-rog:20180403194231j:plain

 

実際になかに入って、ゆっくりすることもできます。

 

f:id:kyon-rog:20180403194748j:plain

 

こちらも、水の景色に優れた建物「廉池軒(れんちけん)」。

池田綱政が最も好んで利用した建物だそうです。

 

f:id:kyon-rog:20180403192024j:plain

 

池田綱政が1697年に建てた観音堂である「慈眼堂(じげんどう)」。

池田家と領民の繁栄を願って建てたのだとか。

今は空堂になっているそうです。

小型な門ながら、写真を撮りたくなるような趣のある門でした。

 

f:id:kyon-rog:20180403163219j:plain

 

庭園のなかの池では、錦鯉が泳いでいます。

50円でえさを買って、与えることもできます。

 

f:id:kyon-rog:20180403162705j:plain

 

某番組では駆除・捕獲の対象になるミシシッピアカミミガメが、のんびり日光浴をしていました。

のどかな時間が流れます~。

 

f:id:kyon-rog:20180403211621j:plain

 

6mの築山の「唯心山(ゆいしんざん)」。

ツツジの咲くころは絶景になるそうです(パンフレットより)。 

 

写真にとるのを忘れてしまいましたが、茶畑もある広大な庭園です。

 

春は桜もみどころ!

 

後楽園内には、桜が植えられています。

春には、桜も楽しむことができます。

ぼくが行ったのは4月2日で、幸運にも満開の桜を見ることができました。

 

f:id:kyon-rog:20180403201705j:plain

 

園内のはしの方にある枝垂れ桜。

濃いピンク色がとてもきれいでした。

池と橋とのコントラストが見事でした。

あまりにきれいで、写真を撮る人たちでごった返していました。

写真が下手すぎて、ぜんぜんその良さが伝わりませんが泣。

 

f:id:kyon-rog:20180403202620j:plain

 

広い園内を歩いていると、突如、桜が咲いている一帯が現れました。

庭園内に、これだけの桜があることに驚かされます。

 

f:id:kyon-rog:20180403202857j:plain

 

みなさん、その桜の下で花見をされています。

お弁当を食べたり・・・。

 

f:id:kyon-rog:20180403210529j:plain

 

桜ごしに岡山城をながめることができます。

なんとぜいたくな空間なんでしょう。

 

f:id:kyon-rog:20180403203117j:plain

 

岡山城へと続く南門にも、桜が咲いています。

この道を通って、岡山城へ行くことにしましょう。

 

後楽園:アクセス

 

・岡山ICから車で20分

・JR岡山駅から徒歩25分

・JR岡山駅から路線バス約10分~15分…後楽園口(東口)バスターミナル1番乗り場

◎後楽園直通バス

・後楽園ノンストップバス岡電バス

・岡山後楽園バス(宇野バス)

◎「藤原団地」行き→「後楽園前」下車すぐ(岡電バス

・JR岡山駅から市内電車東山行きで4分…「城下」下車徒歩10分

・JR岡山駅からタクシーで約10分(約1.8km)

アクセス:岡山後楽園 より

 

休園日/年中無休

3月20日~9月30日午前7時30分~午後6時(入園は午後5時45分まで)

10月1日~3月19日午前8時~午後5時(入園は午後4時45分まで)

※行事開催により開・閉園時間を変更することがあります。

 

駐車場

・普通車 570台 100円/1時間

・バス 10台 610円/1日1回

入園案内:岡山後楽園より

 

後楽園のつぎは岡山城へ!

 

f:id:kyon-rog:20180402211745j:plain

 

 後楽園を訪れたら、岡山城にも行きましょう!

歩いて数分です。

 

岡山城(おかやまじょう)は、日本の城岡山県岡山市北区にある国指定の史跡。別名は烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)[注 1]

岡山城 - Wikipediaより

 

f:id:kyon-rog:20180402212046j:plain

 

まず見えてくるのは、「廊下門」。

天守閣に近づいている実感が湧いてきて、ドキドキする場所です笑。

 

なお、この門は昭和41年(1966年)にコンクリートで再現されたものらしいです。

 

f:id:kyon-rog:20180402212355j:plain

 

すぐ先にあるのは、正門です。

その名も「不明(あかずの)門」。

 

 中2病心をくすぐる名前でゾクゾクします笑。

これより上は限られた身分の人のみ入ることができるため、普段は占められていたことに由来するそうです。

岡山城本丸探訪 建築・施設 3. 不明門より

 

f:id:kyon-rog:20180403061926j:plain

 

門をくぐると、いよいよ本段です!

 

f:id:kyon-rog:20180403161401j:plain

 

天守閣がお目見えです!

烏(からす)の濡れ羽色に似ているため「烏城(うじょう)」という別名があります。

黒漆がかっこいいですよね。

 

f:id:kyon-rog:20180403162227j:plain

 

近づくたびに、その迫力に圧倒されます。

 

残念ながら、当時の天守閣は第二次世界大戦で焼失してしまったため、門と同じく1966年に鉄筋コンクリートで再現されたものです。

 

そのためか、内部も現代的(?)。

お食事処や備前焼工房まであります。

6Fは展望台になっていて、後楽園や市内を一望できます。

 

展示品も充実しています。

城主直筆の書や甲冑、日本刀などなど。

刀のもつ不思議な魅力に、引き込まれそうになりました。

「実際に使っていたんだな。」と思うと、ロマンがありますね。 

 

当時生きていた人たちに思いを馳せた、ぜいたくな時間でした。

 

岡山城:アクセス

 

 

 後楽園の南門を出て、徒歩数分で着きます。

 

観覧時間 : 午前9時~午後5時30分(入館は午後5時まで)

休館日 : 12月29・30・31日

 

まとめ

 

後楽園は「日本三名園」の名にふさわしい、素晴らしい庭園でした。

ぼくが行ったのは春で桜が楽しめましたが、夏は新緑、秋は紅葉など四季折々の景色も楽しみです。

岡山城も一緒に楽しめる、素晴らしい観光スポットです。

また行きたいです!

 

アクセスが良いのもグッド!

みなさんも、ぜひ行ってみてください。

 

おまけ

 

後楽園の東岸は、約1.3kmにもおよぶソメイヨシノが連なります。

幸運にも、桜が満開のタイミングで訪れることができました。

「おかやま さくらカーニバル」も開催していて、絶好の行楽日和でした。

 

f:id:kyon-rog:20180403214442j:plain

 

f:id:kyon-rog:20180403214519j:plain

 

奥までずっと桜!

圧巻の桜並木です。

 

f:id:kyon-rog:20180403214608j:plain

 

人が多くてにぎやかなのに、まったりとした時が流れます。

 

f:id:kyon-rog:20180403214742j:plain

 

旭川で、なんとサップをしている人たちが!

こんなん絶対気持ちいいだろうなぁ。

 

f:id:kyon-rog:20180403215004j:plain

 

f:id:kyon-rog:20180403215043j:plain

 

f:id:kyon-rog:20180403215131j:plain

 

f:id:kyon-rog:20180403215201j:plain

 

f:id:kyon-rog:20180403215235j:plain

 

f:id:kyon-rog:20180403215302j:plain

 

パレード(?)もしてました。

ほんとにいい思い出になりました。

 

【スポンサーリンク】