あつく、ゆるく

意識高い系・人見知り・アガリ症の雑記ブログ。ソロギターと外乗が好き。ピアノをはじめました。

『アソビくるう人生をきみに。』あんちゃ著 レビュー~ブログファンは買わなくていい~

みなさんこんにちは、kyonです。

超有名ブロガー「あんちゃ」氏の初著書『アソビくるう人生をきみに。』を読んでみました。

ブログはものすごく好きですが、逆にブログ愛読者は買わなくていいかも。

【スポンサーリンク】

 

みなさんはクソマジメゲスブロガーあんちゃさんを知っていますか?

いきなりすごい紹介の仕方ですが、ご本人がそう呼んでいます笑。

 

有名なブロガーなのでご存知の方も多いと思いますが、簡単に説明しますと

 

女性なのに、下ネタが何度もでてくる

そんでもって1人で秘宝館にいっちゃう

ブログはじめて4か月で19万円稼ぐ

25歳で会社を辞めてブログで独立

 

というとんでもないお方です笑。

 

同年代(10代20代)に、「もっといろんな働き方がある」と伝えたくて自分の背中でそう示す、とてもエネルギッシュなお方です。

 

あんちゃさんのブログまじまじぱーてぃー | アソビくるう人生をきみに。は、ほんとうにエネルギーをもらいました。

 

心が動かされるんですよね。

 

「自分の人生としっかり向かいあおう」

「時間を無駄にせず、興味のあることをしよう」

と思えてくるんです。

 

実は、このブログをはじめたきっかけも「まじまじぱーてぃー」なのです。

 

そんなあんちゃさんが、本をだすことになりまして。

 

ブログ愛読者のぼくは「買うしかない!」と予約して買いました。

「ブログで語られていること以上のことが知れる」と思ったから。

 

しかし、ぼくのようなブログ愛読者だからこそ、買わなくていい本でした。

 

ブログ愛読者は買わなくていい

 

ブログと同じことが書いてある

 

仕事、生き方、人間関係など大きなテーマは、ブログに書いてあることと同じです。

ブログの範囲をこえていません。

 

普通に就職して「このままでいいのか」と悩む

独立するまでの不安や葛藤

ブログをはじめてからの苦悩

ブログを運営する上での、キャラ設定

 

などなどは、ブログにも書いてあります。

なので、ブログを読んでいる人なら知っています。

 

知らなくてもブログだと無料で読めるので、わざわざ本を買ってまで読む必要はないでしょう。

ブログ以上の深い話を期待すると、肩透かしをくらいます。

 

ブログの方が”アツい”

 

「ブログ」って、基本1人で書くじゃないですか。

良くも悪くも、その人の本心とか感情がむきだしになっているんですよ。

だから、心が動かされるんです。

 

「本」となると、そうはいかない。

 

編集などいろんな人の意見をとりいれるので、角がとれるんでしょうか。

 

薄くなるんですよ。

 

いや、こんなクソ雑魚ブログがえらそうなことほざいているのは重々承知です汗。

 

でも、ブログ特有の”アツさ”がなんか足りないなと感じたのはほんとうです。

ブログ読むと「うおっしゃ!やってやるで!!」みたいなエネルギーをもらうんですけどね。

 

あんちゃさんでも”月収80万円”

 

この本で、月収80万円と公表しています。

あの超有名ブロガーでも、そんなものなのかと思ってしまいました。

 

ただこの数字は、ブログ単体の収益なのか、コンサル業や講演、有料メルマガなど全部を含めた収入なのかは分かりません。

しかも、会社に縛られず好きなことをして稼ぐお金なので、これでもかなりすごいことなんですが。

しかも2年で。

 

それでももっと稼いでいるのかと思いました。

 

それでもこの本を読んでほしい

 

ネガキャンみたいになってしまいましたが、ちがうんです。

ぼくみたいなブログ愛読者が、ブログ以上のことを期待するなら買わない方がいいだけなんです。

 

では、どういう方におすすめするかというと

 

本気で人生を変えたい方です。

 

ちょっと、自己啓発みたいな安っぽい表現になってしまいました汗。

 

いままで自己啓発本にはまって、読んでるときは刺激をもらうのに、結局なにも変わらない、「意識高い系」になってるだけのような方におすすめです。

つまりぼくみたいな汗。

 

巻末付録が本編をこえている

 

この本は、本編より巻末付録がすごくいいです。

 

 その名もずばり敷かれたレールから降りるための7つのクエスチョン。

 

自己啓発モノによくある質問かもしれません。

しかし、この本が他とちがうのは、著者が実際に書いたものがみれること。

独立する前の会社員時代に書いたものだそうです。

 

どうように自分と向きあい、自分の理想の生き方・働き方を実現したのかがリアルにわかります。

こんなに自分を客観的に分析してたんだなあって。

 

正直いうと、ぼくは6と7の質問をするのが怖いです。

自分や現実と向かい合うのが怖いのです。

 

でもそのおかげで、隙間時間を意識するようになりました。

いままで意味もなくネットサーフィンしていた時間をブログを書く時間にしたり。

 

ちょっとずつ人生が動き出しています。

実際に行動したくなります。

7つのクエスチョンのおかげです。

 

そういう意味で、この本を買ってよかったです。

 

まとめ

 

ブログ愛読者が、ブログ以上のことを知りたいと思うなら、買わなくていい。

巻末付録の7つのクエスチョンは、見る・やる価値がある。

というか、意識するだけでも変わる…気がする。

 

【スポンサーリンク】